メイクの学校の特色と魅力

メイクを専門的に学べる学校には、美容や服飾・デザインなどまで総合的に扱っているところや大手化粧品メーカーの系列の教育機関もあります。

卒業後の就職先に強みがあるなどそれぞれ違いがあるので、進路を考えて選ぶと良いでしょう。テレビや映画に出演するタレントや俳優などと関われたり、ファッションショーや舞台に出る人に化粧をするメイクアップアーティストに憧れる人も多いものですが、華やかな業界であるだけに高い技術力も必要になるため、学校に通うことは夢を叶えるための第一歩といえます。

授業では肌や化粧品に関することばかりでなく、学校のコースによってはエステに関すること、ヘアスタイルと髪の扱いや着物やドレスの着付け、ネイルまでトータルで学びます。メイクを学べる専門学校は2年の全日制が多いものの、1年間で学べるカリキュラムのあるところや3年かけて学ぶコースのあるところもあります。

夜間や通信制などもあるため、すでに社会人であっても仕事をしながら勉強しメイクの仕事に転職するという人も多くいます。メイクアップアーティストを目指す場合は、学校を卒業後に美容の専門プロダクションや専門の会社に就職することになりますが、そればかりでなく化粧品会社に就職して店頭で化粧用品を販売する美容部員になる道や、結婚式場やホテルなどのスタッフとしてブライダル業界にすすむ道もあります。このように幅広いジャンルの就職先があるのも魅力です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *